スポンサードリンク

フィリピン人と結婚をするためには

フィリピン人と結婚するためには、日本人同士での結婚とは大きく違います。

書類や結婚式その他、フィリピン人の伴侶を希望する方のためにフィリピン妻と子供がいる管理人が自分の体験などを含めて、フィリピン人との結婚の仕方をお届けいたします。

@まず一番最初に在フィリピン大使館か日本領事館で婚姻要件具備証明書(Certificate of legal capacity to contract marriage) を日本人が取得しておきます。

そしてフィリピン人との結婚には必要書類がありますのでそれぞれあげておきますね。
1、パスポート
2、戸籍謄本または抄本1通 (原本)とコピー

3、フィリピン人の出生証明書、婚姻歴がある場合、除籍謄本か改製原戸籍謄本 が必要

4、その他に追加書類が必要な場合がありますが、言われた書類を揃るだけですから問題はありません。

そして一番最初に書いた、婚姻要件具備証明書 を持ち、フィリピン人婚約者が居住する地域の市町村役場に結婚を希望する2人が出向きます。その時に結婚したいと言う事を告げます。
すると市町村役場は、婚姻告知を掲示板に公告するんですね。後は10 日間の異議申し立てが無いと確認されてやっと次のことに勧めるんですね。


A今度はフィリピンの結婚許可書を(フィリピン人が)居住する市町村役場にて取得します。

その際の必要書類です。
1、婚姻要件具備証明書の原本
2、婚姻する二人の顔写真が必要
3、フィリピン人の出生証明書謄本1通 とコピー

4、日本人の旅券のコピー(身分事項と、フィリピン出入国印のあるページ)

5、婚前講座受講証明がひつようになります。

※5、の婚前講座受講証明書を得るには婚前講座を受ける義務がありますので必ず参加しなければいけません。(フィリピン政府が国際結婚をするカップルに義務づけ)婚姻する2人が参加する必要があり海外で暮らすための注意等の内容です。

B今度は結婚式をフィリピンでします。
結婚式に必要な書類や物や人
1、婚姻許可書

2、日本人の印鑑

3、結婚指輪
4、立会人2人
その他にカメラが必要になります。

※注意しなければならないのは、婚姻許可書の有効期間が120日になっていますので、120日以内に結婚式を挙げないといけません。フィリピンでの結婚式は役場の裁判所で婚姻挙行担当官と成人した2名以上にお願いした証人の面前で婚姻宣誓を行います。それぞれ決められた人が婚姻証明書に署名、婚姻挙行担当官が認証、ようやく婚姻成立となります
その他に牧師・神父など有資格者が教会で実施も可能。

結婚式が終わり認証されると婚姻後15日以内に婚姻証明書がフィリピン市町村役場に送付されます。

そして婚姻証明書の登録がなされます

C
はれてフィリピンでの結婚が認められれば、今度は在フィリピン日本領事館か日本の役所に届け出ます。(フィリピンでの結婚式から3か月以内)

必要な書類は

1、申請書

2、印鑑

3、婚姻証書謄本1通と日本語訳文

4、運転免許証などの本人確認書類
この届け出がないといくらフィリピンで結婚式を挙げても日本での結婚は認められませんので必ず届け出て下さいね。


ちなみに私の場合は日本に帰国してから役所に届け出ました。
日本人同士の結婚と違って、フィリピン人との結婚は長い道のりになりますが頑張って下さい。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。