スポンサードリンク

フィリピン旅行がはじめての方にフィリピンの見所イベント

フィリピン旅行がはじめての方に、フィリピンの見所やイベントをご紹介したいと思います。フィリピンはルソン島のマニラ、マカティー地区が最大の繁華街で、フィリピンの東京といった所でしょうか。フィリピン旅行では、テレビでみるマニラ、トンドのスラム街ばかり目にするので貧しい、汚いといったイメージがありますが、実際にいってみると大都会で驚きます。

フィリピンでの新年は大量の花火を使って華々しく祝います。その時の爆竹の大きな音と凄い煙にはかなり驚かされました。毎年行われている1月9日の「ブラック・ナザレ祭 Black Nazarene」の行列は国内最大の大パレードで、等身大の黒いキリスト像をかついで、マニラのキアポ Quiapo 地区を練り歩きます。この時期にフィリピン旅行に行ったなら見ておきたいというか、見ておくべきだと思います。

フィリピンでは「パッション・ウィーク(受難週) Passion Week」(イースター前の日曜日、パーム・サンデーから始まる1週間)にもパレードがあります。フィリピン版マルディグラ(謝肉祭に行われる、ニューオーリンズなどのカーニバル)といえるのが、パナイ Panay 島カリボ Kalibo の「アティアティハン Ati-Atihan」のお祭りで、1月第3週に3日間にわたって行われています。盛大なパレードがあちこちであるこの時期、フィリピンらしさが表れています。

フィリピン旅行で、11月1日までの1週間ほど滞在するのであれば、ここは是非マニラで過ごしてほしいと思っています。「万聖節 All Saints' Day」の期間中に中国人墓地で開かれる盛大なパーティは、お見逃しないようにしっかりスケジュールを立ててみていただきたいですね。地方のお祭は1年中、毎週のようにフィリピンのどこかで行われています。陽気でパーティー好きなフィリピーノに祭りは欠かせないということでしょうか。

フィリピンの「聖金曜日 Good Friday」(イースター前の金曜日)には、各地でキリストの磔刑(たつけい)が再現されます。この催しはしだいに有名になってきていますが、中でもマニラに近いパンパンガ Pampanga 州サンフェルナンド San Fernando のものが一番の人気です。フィリピンの「独立記念日 Independence Day」は6月12日で、軍の大パレードがあります。これもかなり盛大なので見逃せませんよ。

フィリピン北部ルソン島、首都メトロ・マニラにはニノイ・アキノ国際空港があり、アキノというなじみの名に親近感がわいてきます。陽気なフィリピ―ナ(女性)にはマガンダ(美人)と誉め、フィリピーノ(男性)にはグアッポまたはポギ(男前)と言えば早く友達になれるでしょう。フィリピン旅行に行ったらフィリピン語で片言でも良いので話しかけると、凄く喜んでもらえあっという間に親しくなれます。辞書片手にレッツフィリピン語。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。