スポンサードリンク

フィリピンに家を新築しました

フィリピン旅行を何度も楽しんでいるうちに、フィリピン人の女性と結婚、子供もいます。そんな管理人がフィリピン第2の島、ミンダナオ島のダバオに家を新築しました。といってももう何年も前のことなんですが、その家には妻の親達が住んでおります。私も年金をもらう年になったら移住しようかと考えて造りました。私は日本国籍、妻はフィリピン国籍なので家の名義は妻名義となっています。

フィリピン旅行が取り持った縁といっても良いでしょう。フィリピンで家を造るのは費用の面で非常に楽です。日本流にいうと、フィリピンニュータウンに土地を購入そこに家を作るんですが、鉄筋コンクリートで作ることをお勧めします、外からの熱を防いでくれるのと耐久性が抜群です。

フィリピンでの家造りは、費用的にも土地は坪1〜2万円程度で購入できますし(ダバオシティーの場合)鉄筋コンクリート造りの2階建てで400〜500万円でできます。土地100坪家40坪で総額600〜700万円でコンクリート造りのマイホームが手に入ります。木造の家だともっと安くできます。ただしルソン島マニラの中心でははこうはいきません(マニラだと総額1、000万円位はかかる)

フィリピンでは、いずれにしても日本では考えられない値段で家が手に入るし、日本で国民年金が月5万円位の収入では、とても生活できませんが、フィリピンに引っ越したらメイドさんを雇えるし(月、日本円で4000円〜6000円位)掃除、洗濯、食事、身の回りの世話と何でもやってくれます。(ただしメイドさんの部屋を用意する必要があります。)メイドといっても家族同然の扱いをする事が、上手くいくこつです。

フィリピンでは、メイドさんを雇うのは特別な事ではありません。フィリピンで家を持っている人達にとっては、メイドさんがいるのが当たり前と言って良いでしょう。ちなみに私のフィリピンの家にはメイドさんがいます。妻の父が自分の年金で雇っています。生活費も贅沢さえしなければ、月3万円もあれば何とかなりますから、5万円の年金で貯金だって出来ます。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。