スポンサードリンク

フィリピン旅行でチップはいくら必要?

フィリピン旅行に出かける場合の注意点の一つとして、チップ があります。チップは日本にいると馴染みの薄い習慣ですが、海外では普通に行われる習慣です。フィリピンも例外では有りません。

フィリピン旅行に限らず海外旅行では、チップについて知っておかないとトラブルの原因にもなることがあります。チップとは、日本でいえばサービス料で、それが仕事であったとしても、相手からサービス受けたことに対して感謝するという意味で、少しの現金を渡す習慣になります。


一般的に空港やホテルのポーターには、荷物1個に付き10〜20ペソ。
レストランでは伝票にサービス料が含まれていなければ10%程度が基本。


フィリピンへの海外旅行でチップは、ホテル、飲食店、タクシー等を利用した場合などに、本来の料金に10%15%くらい上乗せして支払いをします。またホテル等で荷物を運んでもらった場合もボーイさんに10〜50ペソ。

フィリピンのホテルのボーイは給料が無い場合が多くチップがサラリーになっていることが多い。
長期の滞在なら、最初に多少奮発しておくと、何かと便利ですよ!

フィリピン共和国について
7107もの島からなり、セブ、マクタン、パラワン、4kmも続く白い砂浜ボラカイ島などは特に有名。マニラ湾の夕日風景も絶景

言語 公用語はタガログ語(フィリピン語、フィリピノ語)。
英語は第2の公用語といえるでしょう。

通貨は フィリピン・ペソ(PHP)
レート 1ペソ約2.7円前後(2007)

紙幣:5、10、20、50、100、500、1000ペソ
硬貨:1、5、10、25、50センタボ
   1、2、5ペソ
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。