スポンサードリンク

フィリピンに海外就職をするにはビザが必要

フィリピンなど海外就職をするには、ビザが必要になりますね。ビザとは簡単に説明しますと、外国に合法的に滞在する事を許される為に必要な許可証と思ってください。ビザには一般的な観光ビザ、労働ビザ、学生ビザ等、その滞在目的に応じてさまざまな種類があります。

例えばフィリピン共和国でのビザの種類は「観光ビザ」「商業、投資ビザ」「労働ビザ」「仮永住ビザ又は永住ビザ」「割り当て移住ビザ又は永住ビザ」「特別移住退職者ビザハッピーリタイアメントビザ」「バリックバヤンビザ」「投資委員会フィリピン経済区の特別ビザ」「学生ビザ」「特別労働ビザ」等細かく分かれています。

フィリピン海外就職に必要になるビザは「労働ビザ」になりますね。
「労働ビザ」を取得するには下記の手続きが必要です。

労働省に必要書類を提出、外国人労働登録証明書を取得後、イミグレーションに必要書類を提出する。
会社のビジネス内容/雇用計画書/会社の規模、特に資本金/本人の役職/職務内容とその職務に的確な学歴・職歴があることが求められます。
申請に必要な書類
1、会社からのリクエストレター
2、申請書(公証人の認証があること)
3、労働契約書
4、雇い主の会社の定款・内規
5、SECからの認証済み定款
6、会社からの保証書
7、人事担当責任者の証明書、会社で雇用外国人社員数等を明記
8、申請書の家族の出生証明書/結婚証明書等

しかしフィリピンでは労働ビザを取得するのは、大変難しく観光ビザ、学生ビザを更新してフィリピンに滞在 している方が多いようです。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。