スポンサードリンク

フィリピンでの労働ビザ申請

フィリピンなど海外就職に必要な労働ビザですが、どのようにしたら取得ができるのでしょう。今回はもう少し分かりやすく説明したいと思います。

フィリピン労働ビザの申請をするにはスポンサーが必要になります。雇用主にスポンサーになってもらうことが必要になります。スポンサーなしではフィリピンでは労働ビザの申請はできないんです。ここはよく覚えておいて下さいね。

フィリピン 海外就職に必要な労働ビザは、スポンサーなしでは申請ができませんから、労働ビザ申請時までに就職する所、つまり雇用主が決まっていないといけません。

ここで注意してほしい事は、フィリピンで労働ビザの申請は前もってする事は出来ないんです。まず就職先を決めておくことが労働ビザ取得の前提条件となるんですね。

フィリピンなど海外で労働ビザを申請するには、その国で従事する予定の職種の詳細や給与額などが書かれた雇用確約証明書を用意します。この証明書は雇用主に書いてもらえますから問題無いでしょう。

それからフィリピンでの雇用主の財務状態などの書類や自分の日本での学歴、職務経験などを証明する書類が必要になります。これらの書類をきちんとそろえ関係機関に提出することが必要です。

フィリピンでの提出先などは下記のページを参照。
http://philippines-travel.seesaa.net/article/64318430.html

フィリピンなど海外就職に必要な労働ビザを取得するには、色々な手続き、書類、条件があります。そしてこれらの手続きも含め、労働ビザを取得できる難易度は各国とも違います。

参考までに、よく言われていることでは、ヨーロッパ諸国は労働ビザを取得するのが難しいといわれています。また反対にニュージーランドやシンガポールは比較的難しくはないといわれています。肝心のフィリピンはどうかとというと、残念ながら難易度はかなり高いと言えますが、取得は可能です。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。