スポンサードリンク

フィリピン旅行での移動手段を知っておきましょう

フィリピン旅行へ行ったなら、移動手段はしっかり把握しましょう。
フィリピン国内での交通手段を知っておくことはとても重要です。

フィリピンの首都マニラ(メトロ・マニラ)もそうですが、
一般的に海外旅行者は鉄道はほとんど使いません。
っていゆうか、使えないと言ったほうが正解かも。

行き先も限られるし、本数もかなり少ないです。
ちなみに鉄道LRT(高架鉄道)MRT(首都圏鉄道)がありますが・・・

その代りフィリピンの交通手段としてもっとも発達しているのが、
ジプニーやバスそしてタクシーになります。

ただしジープニーは時刻表や、行き先マップがないので
慣れていないフィリピン旅行者には使用できないと思います。
バスは大丈夫ですが、遠くに行く場合以外は使用しないほうが良いでしょうね。

一番てっとり早くお勧めなのは、タクシーとレンタカーです。
そのタクシーにも色々ありますのでご紹介しますね。

フィリピンへ海外旅行へ行って空港から利用するのは、 
エアポートタクシー(クーポンタクシー)になります。
マニラの空港のターミナル1とターミナル2どちらも出口近くに、
タクシー会社のカウンターがありますので、行き先を告げ料金を払って
クーポンを受け取ります。そして指定のタクシーが割り当てられます。
定額前払制なので安心なんですが一般のタクシーより運賃は割高になります。
 
次はホテルタクシーですね。
宿泊先のホテルのエントランスでタクシーをお願いし、行き先を告げます。
するとタクシーを呼んでくれます。これもエアポートタクシーと同様に割高ですが、
ホテルで乗車時に車両のナンバー、行き先のメモを渡してくれるます。
このメモは無くさないようにしてくださいね。トラブルがあった場合に役立ちますので。
 
一般タクシーは、運賃は安いが外国からのフィリピン旅行者だとわかると
法外な運賃を請求する悪いやつもいるので注意が必要です。
流しのタクシーには注意しましょう。
比較的安心なのは大きなショッピングモールのタクシー乗り場にいるタクシーです。

一日ゆっくり利用したいならレンタカーがよいですね。
日本と違いフィリピンのレンタカーは、運転手付きが一般的になります。
ワゴン車もあるので人数が多くても、荷物が多くても大丈夫です。
私はフィリピン旅行ではレンタカーをよく利用しています。
トライシカルという安い乗り物もありますが日本人にはお勧めできません。
 

日本人のフィリピンでの単独行動は要注意

日本人は、フィリピンなど海外旅行にでても無防備な方が多く
財布やクレジットカード、パスポートまでも
盗まれたりすりの被害にあったりしています。

フィリピンでは、日本人は常に多額の現金を
持ち歩いているように思われているので、
強盗に狙われたりしています。

特にフィリピン観光旅行での単独行動は要注意です。

日本では女性の単独行動は普通のことですが
フィリピンへの海外旅行に行った場合、
たとえ男性だったとしても単独行動はお勧めできません。

フィリピンパブで働くフィリピーナたちは
日本にいても複数で歩く人が多いですよね。

フィリピンでショッピングや遊びに出かける際は、
ほとんどの方が大勢で行動しています。

フィリピン旅行では、個人的にですがテレビ新聞で
報道されているほど、治安は悪くないとは思っていますが、
場所によりますね。

フィリピンにあまり詳しくない方は、
出来るだけ質素な服装で行動する方が安全ですよ。

服装はジーンズにTシャツ
男性の場合、財布は後ろのポケットに入れない。

ちょっとしたことで、犯罪に巻き込まれる
可能性を少なくしましょうね。

フィリピーナと結婚するには

フィリピンへの旅行がが縁で、
フィリピーナと結婚した管理人です。

友人からフィリピン女性と結婚したいと相談を受けました。

フィリピーナは、母国のダバオにいて、男性は日本在住。

そこで結婚するための必要な書類を
教えてくれと言われ、その後無事結婚しました。

その時の書類を上げてみますね。
フィリピン女性と結婚を考えている方は
参考にして下さいませ。

結婚のためフィリピンへ行く際に持っていく書類や持ち物
そして約2週間の滞在期間が必要になります。

結婚してからフィリピーナの奥さんが
日本に入国する為の査証(ビザ)申請分も含みます。

  日本人がフィリピンに持っていく書類。(成人の場合)
1、戸籍謄本または抄本 3ヶ月以内発行のもの1通
2、パスポート 原本 入国日〜6ヶ月+滞在日数の要有効期限
3、住民票 1通 ダバオの日本領事館への申請の場合。
4、印鑑(認印) 1本 フィリピンで使用。
5、除籍謄本か改製原戸籍 1通 戸籍謄本で婚姻歴の有無が確認できない時
6、知り合った経緯書、写真添付が望ましい(渡航後でもよい)
7、在籍証明書(会社など)
8、収入証明書、納税証明書(会社や役所)
 
これらを念のため各2通コピーして持っていくと良いでしょう。

※必要書類は変わる可能性がありますので
 必ずご自分で確認なさってください。


現地で書く書類はまだありますが、
簡単ですので割愛します。

この他にフィリピン人女性は、多くの書類を
必要としますが、それは彼女に任せましょう。

無事結婚し、帰国したなら役所へ結婚した証明書を
出せば終わり、奥さんの到着を待ちましょう。


フィリピーナとの国際結婚は、意外と大変です。

途中で嫌気が差すこともありますが
愛する人のために頑張りましょうね。

フィリピン旅行の持ち物は?

リゾート地を求めて海外旅行というと、フィリピンに足を運ぶ人も増えていますね。

フィリピン旅行に限らず参考になると思いますが、海外旅行の際の持ち物の注意について説明して行きたいと思います。

まずは貴重品の一番目にに現金ですね。
日本円がフィリピン旅行での両替に使用できますが、フィリピン以外の第三国に行く時には米ドルが便利になります。

現金の次にトラベラーズチェック。

そしてクレジットカードですね。

通用する場所は限られますが、買い物の清算やホテルで使用できます。

それから航空券とパスポート。
パスポートはフィリピン旅行中唯一の身分証明証になります。
なくさないよう注意しましょう。

続いては、日用品などで、髭剃り、くし、歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸、シャンプー、タオルなどですね。

さらにあると便利なものは、パスポートやトラベラーズチェックのコピーがあるともしもの時に、再発行などが早くできます。

またクレジットカード、海外旅行傷害保険の番号や有効期限、連絡先など、これも紛失や盗難にあった際のために、控えておくと良いでしょう。

そしてウェットティッシュ、耳栓、アイマスク、空気まくら、サングラス、帽子、日焼け止め、便座シート、ビニールシート、ビニール袋、紙封筒などもあると、とても便利です。

またビーチサンダル、ホテルの部屋で荷物を保管したいときに中を覗かれないようにする鍵、時計、電卓、筆記用具、メモ帳、クリアーファイル、フィリピンの地図やガイドブック、列車や飛行機の時刻表、携帯できるフィリピン語辞典などがあると便利ですね。

持ち物といってもほんの基本的な物以外は個人差があると思いますが、参考程度にあると便利な物などをあげてみました。

フィリピン旅行や海外旅行の楽しみのひとつに日用品などを現地調達するなどという事もあるかもしれませんので、必要最低限の物を中心に用意していくと、また違った楽しみも残っていいかもしれませんね。

管理人は、フィリピンの空港に到着し表に出た時の太陽の眩しさは、何回経験してもときめいてしまいます。

フィリピンは台風が多い

フィリピンは台風が多いことで知られています。
日本に上陸する台風も、多くがフィリピン近郊から来ます。
天気予報の台風情報で、天気図の中の台風の動きをみると良く分かります。

フィリッピンのセブ島近くで、台風のため海が大しけになり、
客船が座礁、数百人もの方が犠牲になったこともあります。

フィリピン旅行で客船などを利用する場合、注意してもらいたいのは
もしもの時の場合を常に考え、救命ボートのある場所や
ライフセーバーはしっかりと使えるようにしておきましょう。

フィリピンの海は温度が日本に比べ高いので、もし海に投げ出されても
しっかり体が浮くようにしていれば、助かる確率も高くなるといえます。

非常時には、しっかりした準備と心構えがないと、適切な対処が出来ません。
もしものことを考えておけば、突発的な出来事にも対応できる可能性が高くなります。
台風や船ばかりでなく、車や歩行、ショッピングしている場合も同じですよね。

フィリピン旅行の予備知識

フィリピン旅行へ行くのならそれなりの予備知識は必須になります。イメージとしては、美しいフィリピン人女性を追いかけて、日本人男性がフィリピンを訪れるというふうに思う人も多いようですが、最近は女性を中心にフィリピン旅行を選択する人達が、急増しています。年中真夏で雨季と乾季になっていて、気温は高いのですが、風が適度に吹いているので、なれるとそれ程暑さは気にならなくなってきます。
フィリピン旅行で現地を気に入り、定年退職後は温暖な気候をもとめて移住する人達も近年多くなってますね。

大勢でフィリピン旅行をより楽しむ為に、タクシーを1日貸切にするのも面白いです。円換算で数千円でドライバー兼ガイドになってくれます。(ただしドライバー選びは慎重に、信頼出来る方に紹介してもらうようにしましょう)運転手付きのレンタカーも良いですよ。ワゴン車もあり多少人数が多くても大丈夫です。レートは1ペソ=約2,6円になってます

フィリピンを旅行するための予備知識。フィリピンの正式名称は、フィリピン共和国、通称はフィリピンです。かつてはフイリッピンという表記もなされていました。漢字では比律賓と表記され、比と略されています。フイリッピンという響きに懐かしさを感じる方も多いでしょう。国名は、1542年にスペイン皇太子フェリペ2世の名前から、フィリピナス諸島と名づけられたことに由来しているんですね。

フィリピン旅行では、気温に充分に注意して欲しいですね。フィリピンは1年中暑くて湿度も高く、フィリピン群島全体の気候は複雑ですが、大まかに乾季(9〜5月)と雨季(6〜9月)に分けられます。ほとんどの地方では、季節による気温の変化は少なく、平均最高気温が31℃、平均最低気温が24℃で安定しています。フィリピンを訪れるのに最も良い時期は、気温と湿度がやや下がる12月から5月の間ですね。

フィリピン旅行に行くときは、ある程度はフィリピンを知っておく必要があります。戦時中日本の管理化に有り、年配者は日本語がわかる人がいるので、どうせ分からないだろうと、日本語で悪口でも言おうものなら大変な事になるので注意しましょう。

ほとんどのフィリピン人は民俗学的には、マレー人とインドネシア人に近く、共通の祖先を有していますが、中国人移民の子孫もいるし、メスティーソ mestizo(フィリピン人とスペイン人、またはフィリピン人とアメリカ人の混血)も多くいますね。日本人男性とフィリピーナとの間に生まれたハーフも多く、ジャピーノと呼ばれたりしていますが、あまり良い意味で使われてはいません。

フィリピンの宗教の大きな特徴はローマ・カトリック82%、プロテスタント9%、イスラム教5%、仏教3%となっており、キリスト教が大半を占めています。とにかく陽気なフィリピン人、現地の人とのふれあいで、忘れ去った懐かしい昔の思い出が蘇ってくるのも、フィリピンを訪ねることでの良い思いでとなりますよ。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。