スポンサードリンク

■フィリピン旅行で欠かせないのは、リゾート地セブ島カテゴリの記事一覧

フィリピン旅行で欠かせないのは、リゾート地セブ島

フィリピン旅行で欠かせないのは、何といってもリゾート地セブ島ですね。
フィリピンの中でも特にリゾート地として知られるセブ島には、毎年多くの日本人が訪れます。大小7107もの島からなる群島国家フィリピンの中央に位置し、国を代表する最高のリゾート地それがセブなんですね。

フィリピンへ旅行にいったら決して欠かせないのは、リゾート地セブ島ですがセブ島では、ダイビングを楽しむ日本人が多いんですがテニスやゴルフも楽しめるんですよ。
ビーチの美しさはピカイチで、初めての海外旅行でもセブ島に行けば、南国フィリピン旅行の楽しさを存分に味わうことができます。

フィリピンを旅する人にとって治安は不安材料、滞在先を選ぶ意味でも最も重要な事の一つですが、セブ島に関してはフィリピンの中でも、治安はかなり良いほうですから、日本人が選ぶフィリピンリゾートの場所としては最適だと思います。ただしどこの外国旅行でもそうですが、油断は禁物しっかりした安全対策は必要ですからね。

セブ島へは成田空港からセブ直行のフィリピン航空が、週5便(冬季は週6便)乗り入れています。フライト時間は約4〜5時間(気流の関係で、行きと帰りで約1時間の差があります)。マニラを経由する場合にはフィリピン航空が成田、名古屋、関西、福岡、沖縄からそれぞれ乗り入れており、マニラで乗り換えセブ島までは1時間の飛行時間となっています。

両替についてですが、リゾート地セブ島は空港やホテル、街中にも、いたるところに両替所がありますから困る事はありません。いずれも日本円を受付けているため、日本であえてドルに両替していく必要はないですよ。ただ通常の買い物はすべてフィリピンペソとなるため、使う分だけペソに両替することが必要になります。いちいち両替をするのも面倒ですから、ある程度計画的にまとめてペソに替えておくと、いざと言う時にあわてなくて済みます。

フィリピン・セブ島に限らず海外旅行でちょっと悩むのが雨なんですが、日本人にとっては、雨季と乾季があるフィリピンは、天候が読みづらいですよね。セブ島は一年を通して18度〜35度ぐらいの気温となっていて、中でも一番南国らしく暑いのは3月〜6月の乾季となります。けっこう湿気はありますよ。

フィリピン最高のリゾート地セブ島は、雨季でも雨の量が比較的少なく夕方、夜間に雨が降る程度ですから雨で悩む事はあまりないと思います。そして3月〜6月の乾季は雨がほとんど降らない状態が続きます。セブ島は治安、天候も比較的安定してますので、初めての海外旅行がフィリピンだったらセブ島が一番のオススメですね。東南アジア旅行ではけっこう穴場的なのがフィリピン旅行ですね。

フィリピンリゾート有名な場所一覧

マニラ、セブ、アプリット島、イロイロ、ザンボアンガ

タガイタイ、ダバオ、パマリカン島、ミニロック、アルガオ

エルニド、カガヤンデオロ、カティクラン、カトバロガン

カリボ、クラーク、ケソン、コレヒドール、サマール

サンフェルナンド、シコゴン島、タグビララン、タクロバン

ディポログ、ドゥマゲテ、バギオ、パグサンハン、バコロド

バナウエ、パラワン諸島、バリカサグ、ハンドレッドアイランド

ビリャエスコデロ、プエルトアスール、ブスアンガ

プンタバルアルテ、ボアク、ボラカイ島、モンテンルパ

ラウニオン、ラワグ、レガスピ、ロンブロン島

等がphilippinesでの有名リゾート地になりますね。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。