スポンサードリンク

■フィリピン旅行でのタクシー事情カテゴリの記事一覧

フィリピン旅行でのタクシー事情

フィリピン旅行でのタクシー事情を知っておくことは大きなメリットがあります。
地上の移動手段としては一番お勧めしたいです。
フィリピン旅行でのタクシー事情が日本と違うのは、日本ではタクシー会社が、ドライバーを雇って運営するのが一般的で、後は個人タクシーでしょうか。
フィリピン旅行でのタクシー事情はもちろん、日本のようにタクシー会社がタクシードライバーを雇う給料制の場合や、個人所有のタクシーもある、しかし大きく違う、レンタル方式が大半を占めているのは、余り知られていない。

フィリピン旅行でのタクシー事情、レンタル方式とはオーナーがタクシー車両をドライバーに毎日貸し出すのです。その金額はそれぞれ違うのですが、私のフィリピン人の知人達は、600〜800ペソ(1ペソ=円換算で約2,6円)で借りてます。面白いのはフィリピン妻をもった、日本人オーナーが多数いることです。(所有は妻名義)
タクシーのドアの内側にkobayashiとかtanakaなどと書いてある車両が、多く走っています。

フィリピン旅行でのタクシー事情、このレンタル料金がわかれば貸切でタクシーが気持良く使えます。たとえば700ペソのレンタルのタクシーだったら1000ペソ(約2600円)でも大丈夫ですが、私の場合は1200ペソ(約3000円)で貸切にします。朝から夕方まで自由に乗れますしタクシーを捜す手間も省けます。気持良く案内のしてもらいたいですから、この位は支払いましょう。数日連続で借りたい場合は、安くしてもらっても良いでしょう。食事もドライバーと一緒にしたいですね。

フィリピン旅行でのタクシー事情、ドライバーになぜ500ペソ儲けさせるのか日本円で約1300円、この500ペソはフィリピンの1日分の収入としては、けっこうな金額です。ここで気持を良くしてもらえれば、何でもやってくれるので、ハッピーなフィリピン旅行が満喫できるのです。数百円けちっても何の得もありませんからね。

フィリピン旅行でのタクシー事情、このレンタル方式だとオーナーは毎日決まった現金が入り安定経営、ドライバーはレンタル料金以上稼げば、残りは全額自分の取り分になるので頑張るのです。
フィリピンのタクシーが暴走族みたいに早いのは、こんな事情があったのです。

フィリピン旅行でのタクシー事情、貸切にするとドライバーも急ぐ必要もなくなるので、安全運転でとお願いすれば、事故の心配も減ります。
ちなみにフィリピンのタクシーはカローラ、ランサーなど日本車が主流です。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。