スポンサードリンク

フィリピン人と結婚をするためには

フィリピン人と結婚するためには、日本人同士での結婚とは大きく違います。

書類や結婚式その他、フィリピン人の伴侶を希望する方のためにフィリピン妻と子供がいる管理人が自分の体験などを含めて、フィリピン人との結婚の仕方をお届けいたします。

@まず一番最初に在フィリピン大使館か日本領事館で婚姻要件具備証明書(Certificate of legal capacity to contract marriage) を日本人が取得しておきます。

そしてフィリピン人との結婚には必要書類がありますのでそれぞれあげておきますね。
1、パスポート
2、戸籍謄本または抄本1通 (原本)とコピー

3、フィリピン人の出生証明書、婚姻歴がある場合、除籍謄本か改製原戸籍謄本 が必要

4、その他に追加書類が必要な場合がありますが、言われた書類を揃るだけですから問題はありません。

そして一番最初に書いた、婚姻要件具備証明書 を持ち、フィリピン人婚約者が居住する地域の市町村役場に結婚を希望する2人が出向きます。その時に結婚したいと言う事を告げます。
すると市町村役場は、婚姻告知を掲示板に公告するんですね。後は10 日間の異議申し立てが無いと確認されてやっと次のことに勧めるんですね。


A今度はフィリピンの結婚許可書を(フィリピン人が)居住する市町村役場にて取得します。

その際の必要書類です。
1、婚姻要件具備証明書の原本
2、婚姻する二人の顔写真が必要
3、フィリピン人の出生証明書謄本1通 とコピー

4、日本人の旅券のコピー(身分事項と、フィリピン出入国印のあるページ)

5、婚前講座受講証明がひつようになります。

※5、の婚前講座受講証明書を得るには婚前講座を受ける義務がありますので必ず参加しなければいけません。(フィリピン政府が国際結婚をするカップルに義務づけ)婚姻する2人が参加する必要があり海外で暮らすための注意等の内容です。

B今度は結婚式をフィリピンでします。
結婚式に必要な書類や物や人
1、婚姻許可書

2、日本人の印鑑

3、結婚指輪
4、立会人2人
その他にカメラが必要になります。

※注意しなければならないのは、婚姻許可書の有効期間が120日になっていますので、120日以内に結婚式を挙げないといけません。フィリピンでの結婚式は役場の裁判所で婚姻挙行担当官と成人した2名以上にお願いした証人の面前で婚姻宣誓を行います。それぞれ決められた人が婚姻証明書に署名、婚姻挙行担当官が認証、ようやく婚姻成立となります
その他に牧師・神父など有資格者が教会で実施も可能。

結婚式が終わり認証されると婚姻後15日以内に婚姻証明書がフィリピン市町村役場に送付されます。

そして婚姻証明書の登録がなされます

C
はれてフィリピンでの結婚が認められれば、今度は在フィリピン日本領事館か日本の役所に届け出ます。(フィリピンでの結婚式から3か月以内)

必要な書類は

1、申請書

2、印鑑

3、婚姻証書謄本1通と日本語訳文

4、運転免許証などの本人確認書類
この届け出がないといくらフィリピンで結婚式を挙げても日本での結婚は認められませんので必ず届け出て下さいね。


ちなみに私の場合は日本に帰国してから役所に届け出ました。
日本人同士の結婚と違って、フィリピン人との結婚は長い道のりになりますが頑張って下さい。

フィリピンは台風が多い

フィリピンは台風が多いです。
日本に上陸する台風はフィリピン近郊で発生したものが多い。

首都メトロ・マニラは、台風の都度水が溢れて
大騒ぎになることは珍しくありません。

私がフィリピン旅行に行ったいた時にも台風にあって、
膝上まで水に浸かりながら歩いたのを思い出しました。

暑い国なのでスコールなら歓迎することもありますが、
流石に台風となるとそうも言ってられません。

そして毎年のように起こるのが、船の転覆事故です。

私は、船での移動は出来るだけしないようにしているんですが
飛行機でいけない島もあるので、全く乗船しないわけにもいきません。

実は飛行機も苦手なんですが、船よりは我慢できます。

日本は島国なので、フィリピン旅行のためには
飛行機に乗らないわけにはいきませんからね。

フィリピンで台風にあったら、高層ビルのホテルにいるのが安全
平屋だと水につかる場合がありますからね。

海との高低差が少ないマニラは特にそうです。
台風にあったらホテルに避難致しましょう。

フィリピン人妻のパスポート更新手続き

海外旅行が大好きな私は、フィリピンへの海外旅行で
現在の妻であるフィリピン人女性知り合い結婚したわけですが、
パスポートの期限が迫ってきたので、更新手続きの為
在日本フィリピン大使館の出張所に行ってきました。

フィリピンパスポートの写真やサイン、スタンプのあるページを
各2枚コピーしたものを持参。
在日本フィリピン大使館の出張所で書類に必要事項を書き込み、拇印
その後写真撮影をして、手数料等を支払い終了。

今までは東京の在日本フィリピン大使館へ郵送で
更新手続きをしていたのですが、時間もかかり申請書類も
多かったが、直接行ったら短時間で済みました^^
フィリピン人妻は、永住許可が下りているので
簡単だったのかもしれませんね。

フィリピン旅行が縁で知り合い、結婚生活も十数年
フィリピンにいる妻のお父さんが入院しました。
心臓と高血圧、入院が初めてなので、病院が嫌で早く退院したら
病状悪化・・・再入院しています。

フィリピン人妻も涙を流し心配していて、
これ以上入院が長引きそうなら、フィリピンへ一時帰国しようかと
思案中です。

フィリピン旅行、ちょと不愉快な言葉とは?

フィリピンへの海外旅行をするなら、
まず基本情報を身につけてからにいたしましょう。

このサイトの他の記事を見て下さいね!

一度行ってみればわかると思いますが、
フィリピンと日本はかなり近い距離にあります。

成田空港からフィリピンの首都マニラまではたった4時間前後のフライト時間。
(行き帰りで約1時間の差があります。)

その近さは、与那国島からフィリピンのイアミ島まで
東京大阪間の距離よりも短い、480kmしかないんですよ。
驚きですよね!

ちょっと話はそれますが、フィリピンの言葉でサカンと日本人は
陰口を言われたりしていますが、もし聞いても怒らないで知らんぷりして下さいね。

その意味は、О脚のことなんですよ!

まあ確かにフィリピン旅行に行ってみると、
フィリーピーナは、足長の美脚美人が多いですからね。

だいぶ前の日本人は、足は短くО脚が多かった。
でも最近は日本人も足が長くなり、О脚も少ないです。

僕が十数年前にフィリピン旅行に行った際、サカンじゃないし、
目が細くない日本人がいると言われて、なんのこと?と思ったものでした。

その後フィリピーナと結婚して、気なっていたサカンの意味を聞いて
初めてわかったんですね!

フィリピン人から見たら、日本人の足の定番はО脚みたいです。

褐色の肌と超明るい性格の人が多いフィリピン人ですが、
その褐色の肌も、フィリピン共和国を離れ寒い日本で暮らすと
白い肌へと変身する。

フィリッピンは日差しが強く紫外線も相当強いですが、
日本の紫外線量では、褐色の肌も白くなるようですね。

僕はフィリピーナの褐色の肌が好きなんですけど、
妻は今や日本人と区別がつかないほどの白い肌です。

観光旅行ならフィリピンへ

観光ならフィリピンへと題して、フィリピン政府観光省が
東京都内のホテルで日本人観光客誘致に向けた
キャンペーンをイメージタレントに女優の高梨臨さんを
起用し、行っていましたね。

「ハローキティ」をキャンペーンキャラクターに
採用しているんですが、キティちゃんは、
フィリピンでも、凄い人気ですからね。

フィリピンには年約40万人の日本人観光旅行客が
訪れており、リゾートやマリンスポーツなどが楽しめる
と、年々人気が高まっているんです。

フィリピンへの観光旅行は、気候も1年を通して
温暖、真夏が好きな方には、たまりませんね。

フィリピンは日本から最も近い本当のリゾートアイランドで、マリンスポーツはもちろんゴルフ、テニス、ショッピングなど、多様なニーズに応えることができるとアピール。

フィリピン旅行シーズンの夏と冬には、各旅行会社と協力、女性、ファミリー、シニア等をターゲットにキャンペーンを展開。

9月に行われる「旅行博2008」に出展し、人気の高い定番マニラ、セブ島に加えて、美しい自然が多く残っているパラワン諸島やボホール島などを積極的にPRするという。

日本とフィリピンは近い位置にあり、沖縄旅行の延長気分で手軽に出かけてみるのも良いかも。

フィリピン旅行では、治安が懸念されるわけですが、実際は他の国と大差はなく、個人的には危険を感じたことは殆どないですが、やはり外国ですから注意をお怠ってはいけませんね。



フィリピンで結婚式の最中に花婿が別の女性と逃げた

フィリピンで映画のような出来事が、
ニュースになったので紹介しますね。

この話しは、フィリピン・スター(Philippine Star)紙が
報じたものです。

フィリピン旅行の最中に、花嫁に逃げられたとか言う事なら
まあ何となくあるだろうなと思いますよね。

ところが今回は、結婚式を挙げるフィリピンの新郎新婦の前に
突如あらわれた1人の若い女性。

なんと新郎は、皆に祝福されて結婚式を上げている最中に
この突如あらわれたフィリピン女性と逃げてしまったんです・・・

新婦は、たまりませんよね・・・

そして新婦は「取り返しのつかないほどの苦痛」を受け
よく眠ることが出来ないとか、当然ですよね!

新婦は新郎に、54万9630ペソ(日本円で約146万円)の
損害賠償を請求しているそうです。

この話しを、フィリピン旅行で知り合い
結婚した私のフィリピン人妻に話したら・・・一言

平然と「そんなの珍しくない」と驚きもしません・・・
この妻の言葉に2度絶句した私でした。

国が違えば、結婚事情も違うようです。

フィリピ−ナと結婚して10年以上経つ私も
まだまだ不思議なフィリピン事情でした。




気をつけようフィリピン旅行での置き引き被害

気をつけましょう
フィリピン旅行でのでの置き引き被害。

管理人の妻はフィリピン人ですが、
妻の友人もフィリピーナでダバオ出身
今は子供もいて日本で生活しています。

娘さんとフィリピンへ里帰りをすると言うので
私もダバオに家を所有している関係上
ダバオの家に住む義父にお土産を頼みました。

そして帰国の時に、その妻の友人にフィリピンのある物を
買ってきてもらう事になっていたんですが・・・

空港で置き引きにあってしまったそうです。

ちょっと目を離した隙に、お願いしていた物や
娘さんの買った物も全部持っていかれたそうです。

日本の生活が永くなると
フィリピーナでも、つい油断をしてしまうんです。

皆さんもフィリピン旅行に行かれる際は
空港やショッピングセンター等での置き引きには
十分気をつけましょうね。

フィリピンでビジネス

フィリピン旅行がきっかけで、フィリピーナと結婚し
フィリピンでビジネスをしている日本人は意外と多いです。

管理人の知人も、車の整備工場を経営しています。
それにカラオケ店も多いですね。

私もフィリピン旅行が縁でフィリピーナと結婚しましたが
チャンスがあったらビジネスをやりたいと思っています。

なにしろ人件費が安いのには驚きですよ。

ただし難点は、フィリピン人と結婚していないと
中々うまくいかないところでしょうか。

ちなみに妻の弟は、小さいながらもレストランを
数店舗開店し、大繁盛しています。

ちょっと美味しい味が出せれば、
あなたも小額でレストランのオーナーになれるかも・・・

妻の弟はフィリピン人でありながら、日本語ができます。

フィリピンへ旅行に行ったら、この弟はボディーガードに変身
実に頼りになります。

また今年もフィリピン旅行に行ってきます。

フィリピンでの労働ビザ申請

フィリピンなど海外就職に必要な労働ビザですが、どのようにしたら取得ができるのでしょう。今回はもう少し分かりやすく説明したいと思います。

フィリピン労働ビザの申請をするにはスポンサーが必要になります。雇用主にスポンサーになってもらうことが必要になります。スポンサーなしではフィリピンでは労働ビザの申請はできないんです。ここはよく覚えておいて下さいね。

フィリピン 海外就職に必要な労働ビザは、スポンサーなしでは申請ができませんから、労働ビザ申請時までに就職する所、つまり雇用主が決まっていないといけません。

ここで注意してほしい事は、フィリピンで労働ビザの申請は前もってする事は出来ないんです。まず就職先を決めておくことが労働ビザ取得の前提条件となるんですね。

フィリピンなど海外で労働ビザを申請するには、その国で従事する予定の職種の詳細や給与額などが書かれた雇用確約証明書を用意します。この証明書は雇用主に書いてもらえますから問題無いでしょう。

それからフィリピンでの雇用主の財務状態などの書類や自分の日本での学歴、職務経験などを証明する書類が必要になります。これらの書類をきちんとそろえ関係機関に提出することが必要です。

フィリピンでの提出先などは下記のページを参照。
http://philippines-travel.seesaa.net/article/64318430.html

フィリピンなど海外就職に必要な労働ビザを取得するには、色々な手続き、書類、条件があります。そしてこれらの手続きも含め、労働ビザを取得できる難易度は各国とも違います。

参考までに、よく言われていることでは、ヨーロッパ諸国は労働ビザを取得するのが難しいといわれています。また反対にニュージーランドやシンガポールは比較的難しくはないといわれています。肝心のフィリピンはどうかとというと、残念ながら難易度はかなり高いと言えますが、取得は可能です。

フィリピンに海外就職をするにはビザが必要

フィリピンなど海外就職をするには、ビザが必要になりますね。ビザとは簡単に説明しますと、外国に合法的に滞在する事を許される為に必要な許可証と思ってください。ビザには一般的な観光ビザ、労働ビザ、学生ビザ等、その滞在目的に応じてさまざまな種類があります。

例えばフィリピン共和国でのビザの種類は「観光ビザ」「商業、投資ビザ」「労働ビザ」「仮永住ビザ又は永住ビザ」「割り当て移住ビザ又は永住ビザ」「特別移住退職者ビザハッピーリタイアメントビザ」「バリックバヤンビザ」「投資委員会フィリピン経済区の特別ビザ」「学生ビザ」「特別労働ビザ」等細かく分かれています。

フィリピン海外就職に必要になるビザは「労働ビザ」になりますね。
「労働ビザ」を取得するには下記の手続きが必要です。

労働省に必要書類を提出、外国人労働登録証明書を取得後、イミグレーションに必要書類を提出する。
会社のビジネス内容/雇用計画書/会社の規模、特に資本金/本人の役職/職務内容とその職務に的確な学歴・職歴があることが求められます。
申請に必要な書類
1、会社からのリクエストレター
2、申請書(公証人の認証があること)
3、労働契約書
4、雇い主の会社の定款・内規
5、SECからの認証済み定款
6、会社からの保証書
7、人事担当責任者の証明書、会社で雇用外国人社員数等を明記
8、申請書の家族の出生証明書/結婚証明書等

しかしフィリピンでは労働ビザを取得するのは、大変難しく観光ビザ、学生ビザを更新してフィリピンに滞在 している方が多いようです。

フィリピンなど海外就職を希望する人のために(bP)

フィリピンなどに海外就職を希望する人達が年々増加しているそうです。そして海外就職希望者に対して、求人を案内する会社も増加傾向にあります。

フィリピン共和国など、東南アジアで働きたいと考える動機は人それぞれだと思いますが、狭い日本で働くよりも、広い海外で自分の力を発揮したいと考える人が多いためのようですね。

海外就職を成功させるには、まず自分自身がフィリピンなど海外で働けるだけのスキルがあるのかどうかを含めて、自分を棚卸してみる必要があると思います。

なぜフィリピンなどの海外就職をしたいのか?その場合の準備をしてきているのか?外国語は大丈夫?一時的な滞在なのか?それとも永住をする考えがあるのか?等、これらの事をまず自分の気持の中でハッキリとさせることが重要なんですね。

海外就職をする為には当然「ビザ」が必要になります。そして「ビザ」を発給する場合の基準は各国バラバラなんです。たとえば、学歴とか職務経験等も『ビザ』発給の条件となる国もありますし、ただ海外就職したいという自分の希望だけで、働くことは出来ないんですね。

フィリピンなど海外就職を本気で考えているなら、まずその就職情報を提供してくれる企業などを通し、様々な事を調べる必要がありますね。

フィリピンなど各国の求人状況などを調べ、自分が働ける仕事はあるかや、各国の治安問題など、海外ならではの問題も多くあります。まずは海外就職専門の企業で情報を集める事が最も大切になります。

フィリピンで日本人が就職する場合、一般企業は難しいです。日本人の経営する会社なら可能でしょう。日本人の場合は、自分で起業する方が多く円の強さを利用して色んな事業をしています。

フィリピン旅行でチップはいくら必要?

フィリピン旅行に出かける場合の注意点の一つとして、チップ があります。チップは日本にいると馴染みの薄い習慣ですが、海外では普通に行われる習慣です。フィリピンも例外では有りません。

フィリピン旅行に限らず海外旅行では、チップについて知っておかないとトラブルの原因にもなることがあります。チップとは、日本でいえばサービス料で、それが仕事であったとしても、相手からサービス受けたことに対して感謝するという意味で、少しの現金を渡す習慣になります。


一般的に空港やホテルのポーターには、荷物1個に付き10〜20ペソ。
レストランでは伝票にサービス料が含まれていなければ10%程度が基本。


フィリピンへの海外旅行でチップは、ホテル、飲食店、タクシー等を利用した場合などに、本来の料金に10%15%くらい上乗せして支払いをします。またホテル等で荷物を運んでもらった場合もボーイさんに10〜50ペソ。

フィリピンのホテルのボーイは給料が無い場合が多くチップがサラリーになっていることが多い。
長期の滞在なら、最初に多少奮発しておくと、何かと便利ですよ!

フィリピン共和国について
7107もの島からなり、セブ、マクタン、パラワン、4kmも続く白い砂浜ボラカイ島などは特に有名。マニラ湾の夕日風景も絶景

言語 公用語はタガログ語(フィリピン語、フィリピノ語)。
英語は第2の公用語といえるでしょう。

通貨は フィリピン・ペソ(PHP)
レート 1ペソ約2.7円前後(2007)

紙幣:5、10、20、50、100、500、1000ペソ
硬貨:1、5、10、25、50センタボ
   1、2、5ペソ

フィリピンへ荷物を格安で送る

フィリピンへ普通に荷物を送ると金額がかさみ大変です。
妻はフィリピン人なので、よく古着や電化製品などを送っているのですが、最初は小さな箱でも10000円以上もかかることもあり、中身より運賃の方が高いこともありました。

最近はフィリッピンへの荷造りは、だいたい75×55×65cmのかなり大きな段ボール箱に色々な物を積めこんで送っています。
日本の自宅からフィリピンの家までの運賃が、1万円以下という所も有り凄く重宝しています。

フィリピン旅行とかで大量の荷物が有る場合は、便利かもしれませんね。
この75×55×65cmの箱は数字以上に変身します。
妻に限らずフィリピン人は、なにしろ目一杯押しこみ箱は膨れ上がり、相当大きくなっているし、重量もかなりあり(たぶん70〜80kg?もっとあるかも)

こんなんじゃ運んでくれないだろうと思って、フィリピン妻にもう少し減らしたらと言うと、他のフィリピン人はもっと膨らませているからこの位は平気だと言う・・・。

恐るべしフィリピン妻。まあ今は私もなれて、妻と一緒に荷物を押しこんでいます。フィリッピン旅行へ行くときは、もう先にこの箱を送ってから行くようになりました。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。