スポンサードリンク

フィリピン旅行と婚活

フィリピン旅行と婚活!
なんか関係なさそうと思いますよね。

生涯独身者の数が年々増加傾向にあるようです。
そんな事情もあるんでしょうが婚活が流行?

日本人同士の結婚は減り続けていますが、
中国人や韓国人、そしてフィリピン人との結婚は増えていて
10組に1組は外国人との結婚組です。

外人アレルギーは未だに多い日本。

でもそれは、海外をあまり知らない方、
海外生活をした人にとっては何てことはありません。

私はフィリピン人妻との暮らしが長く
はっきりものを言う事の大切さをわかりました。

日本にいれば、あいまいな答えが普通になってますが、
殆どの外国人同様フィリピン人にも通用しません。

もしフィリピン人を好きになったら
はっきり告白しましょう。

ふられたって良いんです。

日本人が考えるような恥ずかしさなどはありません。

日本での婚活が思うようにいかなかったら
海外に目を向けても良いと思います。

フィリピン旅行で出会い、結婚まで行った方も多くいます。

出会いはどこにでもあります。

婚活はフィリピンで・・・






| 日記

フィリピンのヒーロー マニー・パッキャオ

マニー・パッキャオと言えばフィリピンのスーパーヒーロー!

現役世界最強ボクサーとの評判だ。

あの亀田兄弟も尊敬しているようです。


パッキャオは私の妻と同じ
フィリピン南部のダバオ出身で、
妻の母とは顔なじみだそうです。

幼いころから貧しい家庭で育ち
ハングリー精神があの強さを生んでいるのかもしれません。

フィリピンやアメリカには数多くの家を持ち
商売も始めてます。

1試合10億以上のファイトマネー

フィリピンの誇りマニー・パッキャオ
まさにスーパースターだ。
| 日記

常夏の国フィリピンへの憧れ

フィリピンは、日本でいえば年中夏。

寒い時期は特に
常夏の国フィリピンへの憧れが強くなります。

陽気なフィリピン人は、
暑い国特有のものなんでしょうか。

寒いと体も心も萎縮してしまう?

よく危険な国といわれるフィリッピンですが、
私は、あまり危険を感じたことはありません。

しかし油断は禁物
日本人は強盗などのターゲットにされやすいですからね。

とはいえ、リラックスも必要。

セブ島などリゾート地は、安全が確保されていて
とても楽しめます。

こんな事を書いていたら
早くフィリピン旅行に行きたくなりました〜


| 日記

フィリピンで生活したい

フィリピンで生活したいと希望する方。

日本と違い安全面で不安があるかと思います。



日本と同じような行動をとると危ないですが
しっかりした情報を身につけておけば
以外に危険は少ないと思います。



フィリピン関係のサイトなどで
情報収集これは欠かせませんね。


私もリタイア後は
フィリピンに住もうと思ってます。




タグ:フィリピン
| 日記

陽気なフィリピン人

フィリピン人は日本人に比べとても陽気な方が多いです。

小さなことは気にしない
笑って笑って話に夢中・・・

とにかく会話を楽しむ傾向が強いですね!

日本の男性は口数が少ない方が多く
フィリピン女性と結婚しても
会話を楽しむ方が少ないようです。

フィリピンの方が集まると話好き
冗談好きでとにかく笑いが絶えないですね。

フィリピン妻との結婚生活がかなり長い
私からみても何がそんなに楽しいの?
って思えるくらい大声で笑っています。

国民性とはいえ私たちはフィリピンの方々に比べ
会話を楽しむことが下手なのかも知れませんね。

話の内容は気にしなくていいんです。
おやじギャグでもなんでも冗談をいいまくって
会話を多くする・・・

これでフィリピン人との
国際結婚結婚生活もうまくいく確率が高くなります。

国際結婚の離婚率はかなり高く
概ね4割近くになっているようですから
少しの努力で上手くいくんだったらそれに越したことはありませんよね。

| 日記

フィリピン旅行の昔の思い出

フィリピン旅行をに初めて行ったのは、かなり前になりますが
その時の事は今でも鮮明に覚えています。
英語もまともに話せないのに、たった一人の海外旅行。
まわりにはフィリピン一人旅なんてとんでもないといわれていました。

なにしろテレビ番組で見るフィリピンは、スラム街ばかりを
大きく取り上げてましたので、危険な場所ということが
まず最初に浮かぶんですね。

それでも私はフィリピン旅行にどうしても行きたいと思ったものでした。
パスポートとに日本円とトラベルバッグに着替えを詰め込み
フィリピン一人旅を気取っていました。

最近は夜間高速バスに乗って成田まで行きますが、当時は自家用車で
高速道路を走ったり新幹線を使い、途中乗り換えて成田空港まで行っていました。
成田を出発しマニラに到着して空港内を歩いていると、
片言の日本語を使ってフィリピン人が近付いてきたのを覚えています。
その時は正直恐怖感がありました。

それでもなんとか外に出てタクシーを拾いいざマカティー地区のホテルへいきました。
とてもクーラーの効いた寒ささえ感じるほどのホテル内でしたね。
その後何度もフィリピン旅行に行ってますが、ホテルを変えても
やはりガンガンにクーラー効いているのはどこも同じです。

フィリピンの第一印象は太陽がまぶしいのと、リゾート地の海の色が
透明なブルーでとっても美しいと感じましたね。
それからはすっかりフィリピンのとりこになってしまいました。
そして何度もフィリピン旅行を繰り返すうちに今の妻と結婚するまでになったわけです。

今年の冬はフィリピン旅行の定番セブ島でゴルフを楽しむ予定です。
その後はミンダナオ島へ行って知り合いが多いダバオで過ごします。
何度行っても楽しくて帰りたくなくなることもあります。
| 日記

フィリピン状態の我が家

フィリピンかと間違うほどの我が家です。
ちょっとした事でもあると、フィリピン人がわっと集まり
パーティー開催、ここはフィリピンかと思えるような状態に。

たとえば、子供の誕生日はもちろんですが、フィリピンから荷物が届いたとか、
フィリピン旅行に行ってきたや、子供が洗礼を受けた、美味しいものが手に入った、
友達が来た、ただなんとなく等、とにかくパーティーと称して集会?楽しんでいるんです。
こんな時の私は、まるで外国人です。

日本にいるはずなのに日本語はまばらっていうか、フィリピン語の間に
ちょっこっと日本語が入ると言う感じですね。タガログ語やビサイヤ語
のオンパレードですが面白いのは、その間に日本語を入れながら話をするんですね。
コヤ(フィリピン語でお兄さんの意味)オトナシイデスねって言われても、
圧倒されてしまい、言葉をはさめないほどの連発トークで一言も発せないような状況。
とにかく話すことが好きみたいです。

こんな事が日常茶飯事にあります。今は慣れっこで、その日は
フィリピン旅行にでも行ったと思うことにしていています。
異国の地に住んでいるフィリピンの方々はこうやって仲間と会うのが
憩いの人時になっているんだと思います。もし私がフィリピンに住んでいたら
やはり日本人の仲間がほしいと思うにきまってますからね。

陽気でパーティー好きなフィリピン人、あなたは付き合っていけますか。
フィリピーナとの結婚を考えているなら、こんな事も頭に入れておいて下さいね。
フィリピーナ全員がそうだと言うわけではないんですが、ほぼパーティー好きに違いありません。
私の周りの数十人を見ているだけですが、たぶん間違い無いと思います。

よく日本人は暗いと言われますが、私からみてもフィリピンの陽気な人々に
接するとなるほど確かにと思うこともあります。ただ根暗と言うより
おとなしいだけだと思うですが・・・
タグ:フィリピン
| 日記

フィリピンに家を新築しました

フィリピン旅行を何度も楽しんでいるうちに、フィリピン人の女性と結婚、子供もいます。そんな管理人がフィリピン第2の島、ミンダナオ島のダバオに家を新築しました。といってももう何年も前のことなんですが、その家には妻の親達が住んでおります。私も年金をもらう年になったら移住しようかと考えて造りました。私は日本国籍、妻はフィリピン国籍なので家の名義は妻名義となっています。

フィリピン旅行が取り持った縁といっても良いでしょう。フィリピンで家を造るのは費用の面で非常に楽です。日本流にいうと、フィリピンニュータウンに土地を購入そこに家を作るんですが、鉄筋コンクリートで作ることをお勧めします、外からの熱を防いでくれるのと耐久性が抜群です。

フィリピンでの家造りは、費用的にも土地は坪1〜2万円程度で購入できますし(ダバオシティーの場合)鉄筋コンクリート造りの2階建てで400〜500万円でできます。土地100坪家40坪で総額600〜700万円でコンクリート造りのマイホームが手に入ります。木造の家だともっと安くできます。ただしルソン島マニラの中心でははこうはいきません(マニラだと総額1、000万円位はかかる)

フィリピンでは、いずれにしても日本では考えられない値段で家が手に入るし、日本で国民年金が月5万円位の収入では、とても生活できませんが、フィリピンに引っ越したらメイドさんを雇えるし(月、日本円で4000円〜6000円位)掃除、洗濯、食事、身の回りの世話と何でもやってくれます。(ただしメイドさんの部屋を用意する必要があります。)メイドといっても家族同然の扱いをする事が、上手くいくこつです。

フィリピンでは、メイドさんを雇うのは特別な事ではありません。フィリピンで家を持っている人達にとっては、メイドさんがいるのが当たり前と言って良いでしょう。ちなみに私のフィリピンの家にはメイドさんがいます。妻の父が自分の年金で雇っています。生活費も贅沢さえしなければ、月3万円もあれば何とかなりますから、5万円の年金で貯金だって出来ます。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。